2022-06-01 10:34:00

新型コロナウイルスの見えない影響について

本日は長年続いているコロナ禍で身体に起こる反応や症状をまとめてみました。
知らず知らずのうちに今の生活が当たり前になって身体には目に見えないストレスがかかっているように思えます。生活、行動が制限されていつの間にか負担がかかり
【そう言えば最近調子が悪い】
【気持ちが不安定】
などたくさん症状があるかと思います。
【肩凝り・頭痛】
筋緊張性頭痛・片頭痛・群発性頭痛
頭が痛くなることが多くなった。
肩がよく凝るようになった。
首がよく寝違えやすくなった。
【不眠症・睡眠障害】
寝つきが悪く眠りが浅い。
よく夢を見る。
【内臓・各器官】
目の症状→めまい
口舌の症状→違和感、疼痛
舌痛症・口腔異常感症とも言われます。
喉・気管支の症状→吐き気や嘔吐、息が詰まるような苦しさ、長引く咳
(食道神経症・気管支喘息)
心臓の症状→動悸、胸の苦しさ、チクチクした痛み(不整脈・狭心痛など)
胃腸の症状→みぞおちや胃の違和感、苦しさ、痛み(神経性胃炎・十二指腸潰瘍)
便秘や下痢(過敏性腸症候群)
(頻尿過敏性膀胱)
【運動器・感覚神経】
筋肉神経の症状痛みやしびれ、慢性疼痛
線維筋痛症など
皮膚の問題
アトピー性皮膚炎・じんましん・円形脱毛症
 
【精神、思考、メンタル】
不安、恐怖、抑うつ感など
身体表現性障害や心気症と診断されることがあります。
このようにストレスの症状はたくさんあります、身体にはじわりじわり、いつの間にか感じることもあるかと思います。少しでも感じたら早めに施術をするのが効果的です。
薬などを飲まずに鍼灸を行って自律神経調整、身体の不調を改善させていくことが出来ます。
もしお悩みが御座いましたら1度ご相談ください。
頭皮の脳神経領域に鍼を打って神経伝達を促します。
内臓にます灸を当てて温熱刺激を入れます、内臓温度を上げて働きを高めて代謝アップ、免疫昨日も向上させます。